コラム|調布駅の歯科・歯医者なら、みはし歯科クリニック

  日・祝
9:3013:30
15:0019:00

木曜の診療は不定期
土曜午後の診療は14:30~18:00
休診日:日曜・祝日
※矯正診療日は水曜の午後になります。

tel.042-444-6436

〒182-0024
東京都調布市布田3-1-7
池田ビル1F

WEB予約

ネット予約枠は限られております。ご希望の時間が埋まっている方、お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。

  • 電話
  • メニュー

【調布駅徒歩1分の歯科】親知らずを抜いた後の過ごし方!腫れや痛みを悪化させないポイントを紹介

皆さん、こんにちは。
調布駅東口から徒歩1分の「みはし歯科クリニック」です。

 

親知らずは、炎症や痛みなどのトラブルがある場合は、抜歯が一般的な治療です。


(参照:厚生労働省e₋ヘルスネット「親知らず」より) >

 

親知らずを抜いた後は、腫れや痛みが1週間程度続くことがあります。
特に、歯ぐきを切開したり、骨を削ったりする難抜歯は、腫れや痛みが出やすい傾向です。
個人差もありますが、難抜歯の場合の痛みは10~14日、7割くらいの確率で5日程度、腫れます。
痛みや腫れを悪化させないためには、血行を促進させないように安静に過ごすことがポイントです。

 

今回は、親知らずを抜いた後の具体的な過ごし方についてお話しします。

 

 

親知らずを抜いた後の食事

食事は、歯ぐきや顎に負担をかけないように、やわらかい食事がおすすめです。
豆腐、雑炊、スープ、ゼリー、ヨーグルト、スムージーなど、噛まなくても食べられる食材を用意しましょう。

 

痛みや腫れがそれほど強くない場合は、普段通りに食事をして構いませんが、極端に辛いものや香辛料が強いもの、アルコールは避けたほうがよいですね。
また、なるべく抜歯した反対側で噛むようにしてください。

 

 

親知らずを抜いた後のお風呂

湯船につかると全身の血行がうながされ、傷の治りが遅くなります。
そのため、サッとシャワーを浴びる程度にしてください。
入浴は、抜歯後2~3日もしくは、痛みや腫れのピークを超えてからにしましょう。

 

 

親知らずを抜いた後の歯磨き

歯磨きは、歯ブラシが傷口に触れないようにしてください。
また、沁みる可能性があるので、歯磨き粉は使わなくても構いません。
痛みや腫れで口を開けにくい場合は、湿らせたガーゼを指に巻いて歯を拭って歯垢を落としましょう。
口をゆすぐときは、傷にできた白色や黒色のかさぶたが取れないように、やさしく行ってください。

 

 

処方薬を飲んで早めに寝よう!

親知らずの抜歯では、痛み止めを処方しますので、お薬を飲んだら早めに身体を休めましょう。
順調に進むと、痛みや腫れは徐々に治まります。
ただし、痛みや腫れが長引く場合は、化膿している可能性があるので、早めに歯科を受診しましょう。

 

みはし歯科クリニック」は、横向きに生えた親知らずの抜歯にも対応しています。
親知らずが腫れる、痛むなどの経験がある方は、一度、ご相談ください。
当院は、調布駅より徒歩1分のところにあるアクセス便利な歯医者ですので、お仕事や学校帰りなどにもお越しいただけます。


みはし歯科クリニックの親知らず治療 >