コラム|調布駅の歯科・歯医者なら、みはし歯科クリニック

  日・祝
10:0013:30
15:0019:30

木曜、土曜の午前の診療は9:30~13:30
土曜午後の診療は14:30~18:00
休診日:日曜・祝日
※毎月第一水曜日は矯正診療日になります。

tel.042-444-6436

〒182-0024
東京都調布市布田3-1-7
池田ビル1F

WEB予約

ネット予約枠は限られております。ご希望の時間が埋まっている方、お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。

  • 電話
  • メニュー

お子様の歯をすこやかに保ちましょう

こんにちは。

調布駅東口のみはし歯科クリニックです。

お子様にはいつまでも健康な歯でいてほしい。
親であれば誰もが願うことでしょう。
ですが、まだ小さいお子様にはむし歯の恐怖やケアの方法は分かりません。
お子様の歯を守ることができるのは、お父様やお母様だけなのです。

今回は、お子様の歯を守る方法をお話しいたします。

 

子どもの歯を守るために

生まれて初めての乳歯が生えてから、永久歯が生えそろう12~15歳頃までは、その後のお口の環境を左右する非常に重要な時期となります。
なぜなら、健康な永久歯を作るには、健康な乳歯が必要だからです。

乳歯がむし歯になると、その後生えてくる永久歯がむし歯になりやすくなる、永久歯の歯並びが乱れるといった悪影響を与えます。
「乳歯はどうせ生え替わるから」と軽く考えず、乳歯のうちから適切なケアを心がけましょう。

 

子どものむし歯予防

乳歯や生え変わったばかりの永久歯はエナメル質が柔らかくむし歯になりやすいため、早期発見・早期治療がとても重要になります。
そのため、小さいうちからしっかりとしたケアが必要です。
歯が生えた時、歯が生え変わった時などはもちろん、定期的な歯科検診を行ってむし歯を予防していきましょう。
歯科検診では、以下のような処置も行っております。

 

・シーラント
奥歯の溝を歯科用プラスチックで塞ぐ処置です。
歯の表面には細かい溝があり、特に奥歯は歯磨きがしにくい部分です。
そこで溝の中にむし歯菌が入り込まないように、溝の部分をプラスチックで塞いでむし歯予防をします。

 

・フッ素の塗布
むし歯は、歯に付着したむし菌が出す酸でエナメル質が溶かされていくことで進行していきます。
フッ素にはむし歯菌の働きを弱めて酸を出しにくくするほか、酸で溶けた歯の「再石灰化」を促したり、歯を強化して酸に強く溶けにくい歯にしたりする効果があります。
フッ素を歯の表面に塗布することで、むし歯になりにくい歯にすることが可能です。

 

ご自宅での仕上げ磨き

お口のケアで欠かせないのが、毎日の歯磨き。
ですが、小さなお子様にはまだ上手にブラッシングすることができません。
そのため、お子様が自分で磨いた後にも親御様がしっかり「仕上げ磨き」をしてあげましょう。
仕上げ磨きの際に使う歯ブラシは、ヘッドが小さく奥歯までしっかり届くものがおすすめです。
お子様を寝かせた姿勢でひざに頭を乗せて安定させ、歯ブラシはペンを持つように軽く握って細かく動かします。
また、磨く順番は感覚の鈍い下の奥歯から始めて、上の奥歯、下の前歯、上の前歯で進めていきましょう。

 

まとめ

当院では、親御様と二人三脚でお子様の歯の健康をお守りいたします。
定期的な歯科検診のほか、お子様の歯に少しでもおかしいと感じることがあれば、お気軽にご相談ください。